2011年6月2日木曜日

all about the wool Ⅵ

昨年の第5回までworkshop GRASS HEART が主催していた”all about the wool"を
第6回からみんなの工房で主催することとなりました。

つきましては 同展の概略を下記のとおり お知らせいたします。

-----------------------------------------------------------------------
all about the wool Ⅵ

2011年は“羊と共に”ナヴァホの手仕事をテーマに
羊毛とその作品を主に 染め・紡ぎ・織り・編み・フェルトなどの
皆様のこだわりの作品の募集し 展示と情報を展示いたます。

                        記
  
1 開催期間  2011年11月23(水・祝)から27日(日)まで
            
2 会場    横浜市大倉山記念館ギャラリー 
                       (東急東横線 大倉山駅下車 徒歩7分)
 
3 内容    羊毛を素材とした、紡ぎ・織り・編み・フェルトなどの作品の展示
         展示スペース (150×230)セーター程度が3点展示可能

4 参加費   5000円( 会場費・案内状作成費・諸雑費 )
        
5 搬入から搬出までのスケジュール 
         11月22日(火) 搬入・設営:11時から18時まで
             23日(水・祝)から26日(土) 開場:11時から18時まで
               27日(日)最終日 展示:11時から17時まで展示 
                                                                  搬出:17時から19時まで 

6 その他        ・  期間中は交代で受付案内業務をしますので、
                               ご協力のほどお願いします。
             ご希望の日時等考慮しておいてください。(2交代にします。)
                         ・   作品展案内DMを必要枚数 お渡しいたします。
                         ・   作品の予約(販売)については 検討中です。

7 参加・申込 お問い合わせ
              TEL 090-8112-5768  (担) ねぎし 
     メール:minnanokoubou@gmail.com  

又は別紙にご記入の上、FAX(045-543-9488)にお申込ください。
詳細をお知らせいたします。

<期間中のイベント>
           * Meeting café “荻久保みち子さんを囲んで”
                ナヴァホスピンドルを紡ぎながら(日程調整中)
    * ワークショップ 予定   ナヴァホルームの体験。

詳細について未定なところがあり、
いろいろと行き届かないところもありますが、
なにとぞ宜しくお願いたします。

2011年6月1日水曜日

クラフトサロン 5月28日(土) 大倉山記念館にて

今年は、「縫う!」をテーマに活動します。
1回は縫いの基本からということで「刺し子のコースター」に挑戦しました。
貴重品だった布を大切に使いきるために、
刺し子の本来の役割が布の補強・保温であったことに思いをはせ、
2時間あれやこれやと取り組みました。 
7月も引き続き刺し子に挑戦です。









●○●参加者の感想●○●
私は、刺し子には興味があったというか『まぁ、そのうちやるかも?』程度で、
『ただひたすら波縫いするもの』ぐらいの考えしか持っていなかったのですが、
参加してみて、とっても奥が深い事を知りました。
縫い物の基本として、玉結びの仕方ひとつをとっても意味があること。
小学生の時のお裁縫箱に入っていたけど使った覚えの無い、指ぬきの使い方・・・etc.
知っていたとしても、どうしてそうするのかを教えてもらえて、とっても濃い時間を過ごせました。
とにかく縫ってみること。最初は縫い目が揃わずガタガタだけど、それはそれで良い味があるなぁ~と
自分に言い聞かせながら(笑)やってみました。
一人ではなく、みんなで手と一緒に口も動かして楽しかったですし、
お天気が雨だったのがプラスにもなって、とてもまったりとした良い気分でしたよ。
家に帰ってから思ったのですが、
針を動かす時間って、糸紡ぎと一緒で、日常の忙しさを忘れていられる大切な時間なんだなぁと。
集中して同じ事の繰り返しを行うのは、見ているだけでは分からない、やってみて味わえる事が沢山あって、
だからきっと手仕事に魅了される人が沢山いるのでしょうね。