2016年12月6日火曜日

all about the wool XI 終了いたしました

ご来展下さるお客様からは暑い!というお声が出る毎日。
とても良いお天気で、綺麗な青空に紅葉が映える大倉山記念館での展示会も無事終了いたしました。




正面はこんな感じ



ずらっと並んだ作品達。



今年も大人気だったワークショップ



子供達が参加してくれた
フェルトでお絵かきワークショップ
素晴らしい〜!!


6日間で400名以上のお客様にご来展いただき、60名以上の方にワークショップを体験していただきました。ありがとうございます!!
はやくも来年に向けて色々と考え始めた私達...とっても早いですが、出展して一緒に楽しみませんか?1年後に向けて、動き出しましょう!お待ちしています。



2016年11月30日水曜日

all about the wool XI

今日から始まります『all about the wool XI  あたたかいものたち』

11月30日(水) 〜12月5日(月)
時間は11時〜17時まで(最終日は16時まで)
東急東横線 大倉山駅から徒歩7分 横浜市大倉山記念館ギャラリーにて


力作揃いの素敵な展示会になっています。
そして、今年もきっかけ作りの色々なワークショップをご用意していますよ。


ちょっとしたクリスマスのプレゼントを作る!
なんてどうですか?



紅葉の美しい大倉山で皆様のお越しをお待ちしております。






2016年11月5日土曜日

トレッサ文化祭

今日と明日、トレッサ横浜南棟3階にある横浜市師岡コミュニティハウスにて
文化祭があります。
月に一度、ここで『手作りサロン』を行なっている私達も展示とワークショップ(明日の午後)で参加します。
ワークショップは毛糸で『もこもこリース』をつくります。


全体はこんな感じです


実は...第8回全国ニット大賞(士別サフォーク研究会主催)に応募して
世界の羊賞を頂きました!
この作品はall about the woolにも展示予定です。


小さな作品もいろいろと〜

2016年11月2日水曜日

グリーンカーテンプロジェクト その後

あばり編みで作ったグリーンカーテンプロジェクトのその後ですが、楢葉町広報に載せていただくことになり、先月末に取材と写真撮影をしていただきました。


お一人を除いて 楢葉町に帰宅されているそうですので、久しぶりに集まったメンバー達はおしゃべりが弾む弾む〜。
皆さん、新しい生活の中でも手仕事を楽しみとして続けていて、この先の目標は、皆で小物を作り貯めて町のイベントで販売すること!だそうです。
私たちも手仕事を楽しんでいただくお手伝いが出来て、嬉しい気持ちで一杯です。
この取材の様子は、1〜2週間後になりますが楢葉町ホームページのブログで見られるそうです。
楢葉町公式ブログ
ameblo.jp/naraha7700/

2016年10月19日水曜日

all about the wool XI



all about the wool XI

11月30日(水)〜12月5日(月)

横浜市大倉山記念館ギャラリーにて
http://o-kurayama.com

11時〜17時(最終日は16時まで)
今年で11回目という事で、気持ちも新たに 
*あたたかいものたち*
をテーマに行います。


羊毛を紡いだり染めたりして作り出した
皆様のこだわりの作品を発表してみませんか?
・Aコース 一般:5,000円、みんなの工房会員:4,000円
展示スペース 160cm×230cm程度
個人またはグループでご利用になれます。
・Bコース 一般:3,000円、みんなの工房会員:2,000円先着4名様まで
展示スペース 80cm×230cm程度
個人スペースとしてご利用になれます。


少しですがスペースあります!
メール minnanokoubou@gmail.com まで
お名前・ご住所・電話番号・参加コースをお知らせください。
また、ご質問等もございましたら、お気軽にご連絡下さい。
最終締切は10月30日 ご参加お待ちしております!

そして今年も
ほんの少しですが、皆さんの手仕事のきっかけになればという気持ちで
色々なワークショップをやります。
作品を見て、何か作ってみたい!という気持ちにお答え出来れば嬉しいです〜。
是非遊びにいらして下さい。


2016年6月9日木曜日

グリーンカーテンプロジェクト その2

グリーンカーテンは現在 いわき市暮らしの伝承郷で展示させていただいていますが、5日の日曜日から新田先生の作品が幇助作品として追加展示となりました。
えんじ色の糸とガラス玉は小名浜の網元から提供されたもので、ブルーの糸は福島県北部の新地町の浜に津波で打ち上げられたものだそうです。
新田先生が『福島県の海から受け取ったものの結晶』とされる作品。機会がありましたら是非見てきてください。




2016年6月3日金曜日

グリーンカーテンプロジェクト

いわきの仮設住宅の方々と一緒に作ったグリーンカーテン。
楢葉町の役場は帰町に伴いとても忙しそうなので、それならば寄贈は来年にという事になりました。
そこで、このカーテンをこのまま保管しておくのは勿体無いので
いわき市暮らしの伝承郷のロビーに8月いっぱいまで展示させていただく事になりました!
近くまで行かれる方、是非寄って見てきてくださると嬉しいです。
展示はこんな感じです。


 天井が高いので2枚つなげてあります








2016年3月30日水曜日

3月のいわき

1月に続き、2月もあばり編みの練習を行い、とうとう仕上げの3月となりました。
楢葉町の皆さんは帰町が決まり、まだまだ残られる方もいらっしゃいますが、この3月にて仮設住宅でのワークショップも終了となります。
ラストはあばり編みでのグリーンカーテンプロジェクト。
楢葉町にある『こども園』に送る予定です。

いわきでのワークショップに向けて、横浜の方では3月12日の手作りサロンにて細かい工程の確認・両端の処理を決めながら、個々が編んだネットを繋げて2枚のグリーンカーテンを作成しました。

いわきのワークショップでは、グリーンカーテン用の漁網で皆さんにパーツを出来るだけ編んできてもらっていますので、それを繋げる作業をしてきました。

(2月のいわきの様子や手作りサロンなどはみんなの工房 Facebookでご覧下さい)







ところどころをマスキングテープで固定して繋げていきます



今月も新田恭子先生が来てくださり、一緒に作業。
個々に作ったネットですから、平面に出来上がるわけではありません。
ちょっと引っ張るとあちこちにポケットが出来て、それがまた楽しい!
このポケットにボールを入れちゃう?とか、子供達が折り紙で折った朝顔を入れてもらって花を咲かせる?なんて話しながらの作業。あっという間に3枚のグリーンカーテンが出来上がりました。







同じものは無い!素敵な作品となりました。

2013年の2月から始まったこのワークショップもこれにて終了となりますが、手仕事の楽しさを一緒に味わった仲間ですから、きっと何か『繋がり』があることでしょう。

2016年2月1日月曜日

1月のいわき

1月25日にNPO法人みんなの工房の総会を終え、やっと今年が始まりました。
そして1月29日、雪が降るかも...という悪天候にも負けず、いわきの仮設住宅でのワークショップを行いました。
今月からは『あばり編み』楢葉町の子供園にグリーンカーテンを編んで送るというプロジェクトがいわきでもスタートです。
この日のいわきは雪でしたが、暖かい集会所でのおしゃべりをしながらの手仕事は楽しくてあっという間だったようです。
もうすっかり手仕事に慣れた手になってらっしゃる皆さん、初めてのあばり編みもスイスイと編み進められました。



今回は何と!フリースタイルあばり編みを普及させようと頑張っていらっしゃる新田恭子先生がご一緒してくださったのです。それはもうどんどん編める事間違い無しですよね。
新田先生も一緒に。楽しそうです!


そして、こちらは新田先生の作品です。
左の濃いグレーのベスト
リボンで編んだバッグ

極太ウールで編んだベスト

こんな大作も編めるなんて!あばり編み、素晴らしいです。
そして、今回皆さんが編んだのは新田先生のあばりキットのミニ巾着です。

漁網糸でも巾着を編みました。
お二人の方が、前回の織りの作品も持ってきてくださいましたので、ついでに写真を撮らせていただきました。
ウールマフラーと裂き織り

皆さんが手仕事を楽しまれているようで嬉しいです〜こうやって出来上がった作品を見せていただくと私達もじっとしていられない!きっと皆さんの楽しさが伝わってくるのですね。